| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

既刊情報

既刊情報

2016/8/12 (C90発刊)
そうだ! ロンドン行こう 3(32P)
London3_001.jpgLondon3_003_20161002230601501.jpgLondon3_009_20161002230604359.jpgLondon3_015_201610022306089d2.jpg

DLsite様にて委託あります。こちらからどうぞ




2016/5/8 (砲雷撃戦25発刊)
ゲームセンターAH(32P)

gamecenter1-3_001.jpggamecenter1-2.jpggamecenter1.jpg

DLsite様にて委託あります。こちらからどうぞ





2015/12/29 (C89発刊)
そうだ! ロンドン行こう 2(36P)

London2r_001London2r_006London2r_018

DLsite様にて委託あります。こちらからどうぞ





2015/08/15 (C88発刊)
そうだ! ロンドン行こう 1(54P)

そうだ ロンドン 行こう!-1掲載用オモテ London1_007.jpg

DLsite様にて委託あります。こちらからどうぞ


スポンサーサイト

| 舞台設定 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

舶来堂誕生秘話

まもなく真夏な、ネオ・ヴェネツィアのお話

そうだ ロンドン 行こう!_044
そうだ ロンドン 行こう!_045
そうだ ロンドン 行こう!_046
そうだ ロンドン 行こう!_047
そうだ ロンドン 行こう!_048
そうだ ロンドン 行こう!_049

| 舞台設定 | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

舶来堂について

舶来堂とは

ゲーム『大航海時代Online』と『ARIA』の
設定融合で生まれたオリジナル総合商社です。


本シリーズでは、ヴェネツィアを飛び出し
遠くロンドンまで買い付けに行きます。

その商社の目的、そして創業者たちは……






今作では、ネオ・ヴェネツィアの一角で
新しいカンパニーができたところからスタートします。
「なんでイタリアなのに漢字の店名?」
なんてツッコミは野暮です。

この本を作るきっかけとなったヴェネツィアですが、
地中海の奥地というゲームシステム的に
一番不遇な地となっています。

それが影響してか、サン・マルコ広場などは
運動会が開けそうなくらい(人口密度な意味で)拡いです。

そんな状況を少しでも覆して日の沈まぬ帝国イスパニア……
はムリだろうけど、ベスト3入るくらいに人が増えてほしい
少子化に悩む自治体のような、切実な理由もあったりします。


いや、だって大規模MMOなのに同胞が少ないって……ねぇ。
やっぱり寂しいじゃない(´・ω・`)



当然店名以下物語はフィクションですが、
これをきっかけに両作品の楽しさをお伝え出来ればなと考えています。

以下、現シリーズ『そうだ! ロンドン行こう』の設定漫画を載せました。
よろしければ御覧ください

そうだ ロンドン 行こう!_044
そうだ ロンドン 行こう!_045
そうだ ロンドン 行こう!_046
そうだ ロンドン 行こう!_047
そうだ ロンドン 行こう!_048
そうだ ロンドン 行こう!_049

| 舞台設定 | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

次回作について

以下、少しだけ言い訳という名の小言


小生高校の時にARIAに出会い、大学で大航海時代Onlineに出会いました。

この両作品で本を作りたいと思ったのは同じ大学時代だったのですが、時間的なものがどうしても折り合わず気づけばこんなに経ってしまいました。なので、恥ずかしながら今出展作品が自分にとっても人生初同人となるため、技術的なものや作業そのものの段取りなど現在進行形でてんやわんやに進めております。


クオリティを維持することの難しさを実感しながら、少しでもいいものをお届けできるよう努力する所存です。

どうぞサークル舶来堂をよろしくお願いいたします。






































……ここまで見てしまいましたか。
つまり、今載せれるものがないのでご覧のとおり文字だらけです。
6月下旬には原稿第一号。続いて表紙をアップする予定なので、
申し訳ありませんがもうしばらくお待ち下さい(血涙

| 舞台設定 | 13:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ARIA』『大航海時代Online』について

『AQUA』(アクア)および『ARIA』(アリア)は、天野こずえによる日本の漫画。2001年から2008年にかけて、1話完結形式で月刊誌に連載された。単行本は『AQUA』『ARIA』両題合わせて全14巻で、累計420万部、関連書籍は60万部が発行された。

物語の舞台となるのは、テラフォーミングされ水の惑星となった未来の火星、アクア。そのアクアの観光都市ネオ・ヴェネツィアで、一人前の観光水先案内人を目指す少女、水無灯里とその周囲の人々の四季折々の日常を描いている。ネオ・ヴェネツィアは地球のヴェネツィアから建築物や風習を移転したという設定になっており、異星を舞台にしながらも実在の観光資源が作中に登場している。
      Wikipediaより引用

説明し始めるとキャラ紹介だけで記事が2,3潰れるくらいの分量があるため、お手数ですが各自検索お願いしますorz






どういうめぐり合わせか、1stシーズンTV放送から今年でちょうど10年となります。

……デジャヴな気がしますが、これ本当に偶然なんです



c88を申し込んだ直後くらいにアナウンスが発表されまして、なんと記念に乗っかりこんなことになっています。上記リンクが発表されて公式twiアカができた時は、私含めARIA好き達の盛り上がり方はそれは凄まじい物でした。もう、発狂するくらいに。

連載およびアニメが終了してから結構経つのですが、(自分含め)粘り強いファン達により現在もその命脈は生き続けています。長い歴史を持つ作品だけあって、作風のゆるふわな雰囲気に反して濃い古参ファンも多い印象です。

実際、c87でも壁、島中ともに薄い本業界での存在感は諸先輩方の御健闘により、健在のご様子でした。10年以上耐えるコンテンツって、このご時世では掛け値なしに凄いと思います。



同作品を勝手に応援する一員として、これも何かの縁と微力ながら小生も作る側として参加します。少しでも皆様のお手にとっていただき、本作品の魅力に触れる機会が増えるきっかけとなれば幸いです。


関連サイト様
『ARIA The AVVENIRE』公式サイト
ARIA - マッグガーデン








『大航海時代Online』(だいこうかいじだいおんらいん)は、コーエーテクモゲームスが同社のリコエイションゲーム『大航海時代シリーズ』の世界観をベースに開発したMMOである。

歴史上の大航海時代に基づいて作られた世界の中で、プレイヤーは冒険家・商人・軍人・海賊など様々な立場の登場人物になり切って、探険・交易・海戦などを楽しむことができる。歴史と地理を素材としていることや、世界各地の遺跡や様々な文化遺産、珍しい生物、地理上の発見などが多数登場することから、教養面で評価が高く、インターネットゲームの教育への応用の研究材料とされたり、学校教育への導入が検討されたりしたこともある。    Wikipediaより引用




どういうめぐり合わせか、ゲームの発売から今年でちょうど10年となります。大規模MMOとしては、そろそろ古参に分類される?

現在は『Gran Atlas』という拡張パックが実装されており、ゲームの充実度も凄まじいことになっています。

タイトルから欧州が舞台の中心ではありますが、ゲーム内ランクが上がっていけば南北アメリカ、インド、同時代の日本で将軍に謁見も可能です。中にはボートのような船でサメや嵐と格闘して世界一周を成し遂げる、マゼラン先生もビックリな猛者も存在します。


舶来堂シリーズでは未プレイの方を対象にして作成するため舞台設定などはできるだけ盛り込むつもりですが、ゲームを一度でもプレイされていると楽しみ方が増えることは間違いなし!

無料体験プレイも可能という太っ腹仕様なので、気になった方は下記コーエーさまHPからレッツプレイ。ヴェネツィア市街を盛り上げる一員に加わりましょう!

コーエー『大航海時代Online』


| 舞台設定 | 12:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |